abs一級建築士事務所@富山

中川上町の家

住宅密集地の敷地形状にあわせて、建物を東西に細長く、南に面して配置。
同様に計画された吹抜け上部のハイサイドライトからは、光がふんだんに室内に導かれ、明るく清潔感あふれる空間となっています。
間仕切りを極力省いた共有空間は、一体感を保ちつつも動線によって緩やかに区画されています。
徹底した高気密・高断熱にもこだわり、深夜電力を利用した基礎蓄熱式の全館暖房を併せて、冬季における快適な温熱環境を確保しました。

イメージ01 イメージ02 イメージ03 イメージ04 イメージ05 イメージ06 イメージ07 イメージ08 イメージ09 イメージ10

建物概要
主要用途:専用住宅
構造規模:木造在来工法2階建て
延床面積:142.1㎡(43.1坪)
外  壁:ベルアート+GL鋼板スパンドレル
屋  根:GL鋼板竪ハゼ葺き
内部床 :メープルフローリング
内部壁 :EP
内部天井:EP

← WORKSに戻る